【卒団後】中学のクラブチームのセレクション【セレクションの種類、情報】

この記事はこんな方におすすめ

  • 卒業後にクラブチームに行こうか考えている
  • クラブチームのセレクションの内容を知りたい
  • クラブチームのセレクションについて何か情報を知りたい

こんな悩みを持っているサッカー少年の保護者の方に向けて、

僕の経験や周りから聞いた話をまとめました。

この記事を最後まで読むことで、クラブチームのセレクションについて詳しく知ることができると思います。

目次

セレクションには2種類ある

中学生でクラブチームに入るために、小学生が受けるセレクションは、主に2種類あります。

1つ目は、入団希望の6年生が集まり、練習や試合をやり合否が発表されるセレクションです。

一般的にイメージされているセレクションですね。

もう1つは、そのクラブの練習に参加するタイプの練習参加型です。

このタイプは、小さいクラブや募集の少ないチームに多い印象です。

それぞれの特徴や雰囲気などを踏まえて詳しく解説していきます。

入団希望者が集まるセレクション

多くのセレクションはこの形で行われると思います。

  • 人気のクラブは2次、3次とセレクションがある
  • 2次や3次のセレクションになると5号球のボールで行うこともある
  • 基本的には4号球でやる
  • 小学生チームがある場合は入団できる人数が極端に少ない
  • セレクション内容は、主にアップ→試合
  • 費用は無料の所から1000円~3000円程度

クラブによって内容は違いますが、主にこんな感じだと思います。

小学生チームがある場合は数百人の応募に対して数人しかとらないチームもあります

練習参加型のセレクション

名門チームではないクラブに多い傾向のセレクションです。

主に、普段のトレーニングに参加する形です。

  • 1回参加して合否が決められる場合が多い
  • 中学生が使っている5号球で練習
  • チームにもよるが、入りやすい印象
  • 内容は、普段のそのチームの普段の練習(試合ありの場合が多い)
  • 費用は基本的にかからない

人数に制限を持っていない場合が多く、入団しやすい印象

中学生の練習に参加するためボールは5号球です。

そして、セレクション参加費用もかからないです。

監督やコーチの許可

受けるクラブにもよりますが、基本的に今いるクラブの監督やコーチの許可は必要ありません

ただ、卒団後に選手証の番号を引き継ぐことになると思うので、選手証の番号を聞いておく必要はあります。

監督やコーチに言った方が良いかも

「自分はそんなに上手じゃないし、セレクションに行くことがばれたらヤダ」と思っている選手もいると思います。

ただ、コーチに言った方がメリットが大きいと思います。

  • コーチのコネが使えるかもしれない
  • アドバイスをくれるかもしれない
  • コーチも嬉しい
  • 連絡をしてくれるかもしれない

コーチに言うことで、多くのメリットがあります。

今の一瞬の気持ちでコーチに言わないと、大きく後悔することがあるかもしれません。

なので、僕はコーチに言った方が良いと思います!

今回は以上です。少しでも参考になれば嬉しいです。

関連の記事も載せておきます!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次