サッカーを始めた時期は関係ない!遅く始めても伸びる子は延びる

今回は、サッカーを始めるのが周りの子よりも遅かったけど大丈夫?と思っている

サッカー少年を持つ方に向けて、サッカーを始めた時期は関係ない理由を解説します。

目次

サッカーを始める時期と実力は関係ない

サッカーを始めるのが遅かったからと言って、周りの子との差を埋められないというわけではありません

なので、サッカーを始めるのが遅かったことを気にする必要は全くありません

実例

僕の周りにもサッカーを始めるのが周りの子やつと比べて遅かった奴はいます。

例えば、小5からサッカー少年団にはいり、中学のセレクションで地域でそこそこ有名なクラブチームに合格した友達もいます。

後は、中学に入学するまでサッカースクールしか通ってなかった友達は、中学、高校とどのどん延びていって、大学2年でAチームにいった友達もいます。

こんな感じで、遅く始めたからと言って、早く始めた子に勝てないというわけではないです。

そうは言っても練習は大事

世の中には、練習をしなくてもサッカーが上手い人がいます。

でも、ほとんどの人は練習をしないとサッカーが上手くなりません。さらに、練習をしなければ下手になる事もあります。

サッカースクールに通うのもあり

初めて時期に関わらず、サッカーが上手くなりたいと思っているなら練習をする必要があります。

その練習を効率よく行うためにも、サッカースクールに通うと良いと思います。サッカースクールに通うことで少年団や通っているクラブチームでは味わえない体験をできるかもしれません。

サッカースクールについて詳しく書いた記事もあるので読んでみて下さい。

最後は個人

早くサッカーを始めた選手がみんなうまいわけではないです。

それと同じで、周りよりサッカーを始めるのが遅くても上手くなれます。遅く始めたことを言い訳にせず、個人の力を伸ばしていくと良いと思います。

このブログでも精一杯サポートするのでよろしくお願いします!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次