【少年サッカー】足が遅い子の方が上手くなる【多くのコーチが言っています】

[temp id=2]

今回は、「子供がサッカーを頑張ってるけど、周りの子より足が遅いように感じる。この先サッカーを続けていくときに心配。」と思っている方に向けて記事を書きます。

目次

【結論】足は遅くていい

この考え方は割と多くのコーチが思っている考え方だと思います。

詳しく説明すると、周りより足が速いと足の速さでカバーできる部分が多くなり細かい部分を習得できないから。

具体例

例えば、足が速いFWの子と足が遅いFWの子がいたとします。

足が速い子は、相手のDFの裏にボールが出てから裏に抜け出しても追いついてしまいます。

でも、足の遅い子は、相手の裏にボールが出てから走り出したら追いつかない場合があります。

このような状況で、足の遅い子は、そのボールに追いつくためにどうすれば良いか考えます。

その”考える”きっかけができるから足が遅くていいんです。

いずれみんなと変わらなくなる

足の速さは、だいたいみんな同じくらいになります。極端に早い子だけが足の速さを武器にすることができ、その他のみんなは同じです。

小学生の時は、少し成長が早くて足が速いだけです。

足を速くすることも可能

そして、足を速くすることは可能です。

陸上部の短距離の選手がタイムを縮めることができるなら、だれでも練習をするばタイムを縮めることができます。

本や、YouTubeなどにのっている事を試してみると良いと思います。

 

まとめ

実際に足が速くなくても活躍している選手はいるので、そこまで気にせず、自分の武器を伸ばしていくと良いと思います。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次