【少年サッカー】自信がない選手に自信をつけさせる方法【理由と解決策】

プレーを見ていて自信がなさそう。そんな選手に自信を付けさせてあげたい!

そんな方に、僕の経験を踏まえて記事を書きます!

この記事を読むと以下のことが分かるはずです。

最後まで読んでみて下さい!

  • なぜ自身がないのか
  • 自信を付けさせるにはどうすれば良いのか
目次

自信がない原因

自信がない原因はいくつか考えられます。

  • 試合になかなか出れない
  • 自分より上手い選手が多い
  • 成功体験が少ない

他にも原因はあると思いますが、自信を付けさせるためにはどうしたらよいか解説していきます。

自信を付けさせる方法4選

自信を付けさせる方法を4つ紹介します。

1つ目 目に見える武器を作る

目に見える武器を作ることで、自信はつくと思います。

例えば、ポジショニングセンスが抜群の選手は、試合や試合形式の練習では活躍できるかもしれません。

ですが、テクニック系の練習や技術的な練習では他の選手よりもミスをしてしまうでしょう。

なので、段々と自信がなくなります。

もちろん、目に見えない武器も大事です。

ですが、目に見える武器(ドリブルやパス、シュートなど)があると、自信がつくと思います。

2つ目 成功体験を積む

成功体験を積むことは自信につながります。

例えば、リフティング50回を1週間以内に成功させる

など、選手にとって簡単な事を目標にし、成功させる

この繰り返しを増やすことで、自身はつくと思います。

もちろん難しい目標を達成すると大きな自信になると思いますが、

失敗したらさらに自信を失ってしまいます。

3つ目 周りが褒める

コーチや親から褒められると、嬉しいですよね。

仮に自分が全く上手くいってないと思ってたことでも、

周りの人から褒められると、気分がよくなりますよね。

それが自信につながる思います。

出来たことを徹底的に褒めることで選手に自信がつくでしょう。

4つ目 自主練をする

練習量が増えると、自ずと自信がつくはずです。

これだけ練習したんだからと思うだけでも、自身はつきます。

また、自主練の成果をチームの練習や試合で発揮することができたらより自信につながるはずです。

自信がある選手は良いプレーができる

同じ実力でも自信がある選手の方が良いプレーができるはずです。

自信を付けさせることは簡単なことではありませんが、

自信をつけることが出来た選手は必ず変わるはずです。

目に見えるものではありませんが、重要なことです。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次