【サッカースパイク選び方】革のスパイクの選び方を解説【ポイントは小さめのスパイク】

今回は、「革のスパイクの選び方」について解説します。

僕は中1の時に初めてカンガルーの革のスパイクを履きました。

そこから、革のスパイクにはまり、大学生になった今も革のスパイクを履いています。

そんな僕が、今回、革のスパイクの選び方を解説します。

この記事はこんな方におススメ

初めて革のスパイクを買おうと思っているけど、思っているより値段が高いから、失敗したくない。

だから、買う前に革のスパイクの選び方を知っておきたい!

僕は、いろいろな種類の革のスパイクを7年間くらい履いているので、革のスパイクについての知識には自信があります。

目次

カンガルーか牛のどちらかを選ぶ

スパイクに使われている革には2種類あります。

どちらを選ぶかは、そこまで、重要な問題ではありませんが、一応、頭に入れておいた方が良いと思います。

ちなみに、よく使われている革は、カンガルーです。

それぞれの革の特徴としては、

カンガルーのスパイクは、足によくなじみ、革が柔らかいです。

牛のスパイクも、足になじみますが、カンガルーよりも少し硬いイメージがあります。

そして、カンガルーにも牛にも共通して言えることは、雨に弱いということです。

どちらのスパイクも雨に濡れると、革が固くなってしまいます

なので、雨の日には使わないのがおススメです。

もし、使った後は手入れが必要です。

サイズを小さめにする

サイズは、革のスパイクを選ぶために結構重要です。

具体的な選び方は、革のスパイクを買うときは、足にピッタリのサイズにしましょう。

少し小さいくらいでも大丈夫です。

いつも、少し大きめのサイズのスパイクを買っている方は、いつもより0.5~1小さいサイズのスパイクを選んでください。

足にピッタリのスパイクにする理由は、革が伸びるからです。

革のスパイクは革が伸びるので、自分の足にあってきます。

そのため、最初はきつくてもだんだん自分の足にフィットしてくるので、

ピッタリくらいのサイズにしましょう。

また、革のスパイクを履いてみて、横幅に合わせると縦が余ってしまう方や、

縦に合わせると横幅が広い方は、縦に合わせて、横幅が少しきついくらいのスパイクを選びましょう

革のスパイクはのびることはあるけど、縮むことはありまん。(雨に濡れたら縮みますが、革が痛みます)

なので、状態としては、縦に合わせて横がきつい状態か、横に合わせて縦がきつい状態が良いのですがおススメは、縦に合わせて横がきついスパイクが良いと思います。

僕の感覚ですが、革のスパイクは縦にも十分延びますが、横の方が伸びやすいと感じるからです。

まとめ

  • カンガルーか牛の2種類がある
  • サイズを小さめにする

牛よりもカンガルーの方が柔らかく、牛はカンガルーよりも少し硬いイメージです。

どちらが良いかは好みによります。

サイズを選ぶときは、少し小さめのサイズを選ぶといい。

革が足のサイズになじむため、小さめがおすすめ。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次